2018年12月29日

突然の訃報

ギリギリまで仕事が入ったりして
バタバタしていました。
年末だし、家の片づけとかもあるし…

で、一昨日、久しぶりにメールを開いて
整理していたら
重要なお知らせを発見(@m@)


クリコちゃんが旅立ったって…


クリコちゃんは那智の兄弟姉妹のひとり。
京都に住んでいる、那智のお姉ちゃん(勝手にそう思ってる)です。


これは里子に来た時の写真。
抱っこしてくださっているのが保護主のYさん…

サービスエリアで.jpg

左が岐阜に行ったお兄ちゃん、右端が那智。
真ん中で目をつむっているのが、京都に行ったクリコちゃん。
みんな、小さかったね…

山口県で生まれた4匹はYさんの尽力で
広島、岐阜、京都、奈良の新しい家族のもとへ…

ペットショップではほとんどの子が1頭で売られています。
親の名前がわかっても、同腹の兄弟のことは不明。
姉妹が再会するなんてことは滅多に無いと思います。

京都のクリコちゃんの里親さんの呼びかけで会うことができました。
その時の様子は→ 

結果は…お互いのことぜんぜん覚えていなくてガッカリ…
ツーショットもこの嫌がりよう(笑)

緊張!.gif

しかしながら
それぞれの生活ぶりを知ることができてとても楽しいひと時でした…

つい昨日のことのように思い出せます。


そっくり!.gif

リンパ腫だったそうです。


今月半ばにわかって、
その数日後に亡くなったそうです。


あまりに突然のことで信じられなかった…
考えただけで涙があふれてきます。



クリコちゃんの里親さんのメールには
突然のことで何もできずに
旅立たせてしまった無念さが綴られていました。
そして できたら、
なっちゃんも検査を受けてみられては と。


わかりました!



というわけで
昨日、かかりつけの動物病院へ行ってきました。


6AD66771-E287-4DFF-AA81-62527772AFA6.jpg

興奮気味の私の話を聞いてくださった後
先生は静かに、丁寧に答えてくださいました。

今の時点では血液検査でリンパ腫を見つけるのは難しい事。
親や兄弟がなったからと言って、遺伝する病気ではない事。
むしろ、1000犬に1頭の割合で発生する病気だという事。
犬は比較的リンパ腫になりやすい動物であるという事。
外見上、腫物で判ればいいが内部にできたものは見つけにくい事。
どうしても今、調べたい場合はCTかMRIがあるが
人間でも滅多にしないですよね? という事。


今後は常に身体を触り、
腫れをいち早く見つけ、組織を取って検査するという
対処法しかないようです。


先代のワンコも7歳ごろから2つも大病をし
最後は腹部の腫瘍で亡くなっています。

クリコちゃんの悲しいお知らせで
まだまだ若いと思っていましたが那智も来年は7歳。
りっぱな中年…
体の不調が出てきやすくなるお年頃ということに気づかされました。



33677A73-A1C0-467B-AD25-81BC3FA6DC8C.jpg


7A99651D-E57E-4280-99F0-444918083BD9.jpg

なっちゃん… わかるかな?

クリコちゃん、虹の橋を渡って旅立っていったんだって…


しんじられないよ。

そっくり!.gif


クリコちゃん、やすらかに…


クリコちゃんの里親さん、
お辛いことをお知らせいただきありがとうございます。
クリコちゃんの分も
那智のことを注意して見守っていきます。






posted by 那智ママ at 22:10| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ああ〜〜〜そういう事・・・。
それは寂しいね。
クリコちゃん、可愛い子だね。

これから気を付ける事がわかったので
知らせて頂いて良かったね。

動物には穢れがないから
冥福を祈らなくても
良いトコロへ行けるんだって。
もう、産まれかわる準備中かもね。
クリコちゃん、また戻っておいで〜。
Posted by 飛花ぽん at 2018年12月31日 11:48
飛花ぽんさんへ

>動物には穢れがないから
>冥福を祈らなくても
>良いトコロへ行けるんだって。

そうなんだ(@0@)
だとしたら今は虹の橋の向こうの草原で楽しく走っている?
そしていつか那智が行ったら今度は抱き合って喜んでくれるかな。
いやいや…
もう生まれ変わってるんやねきっと。
映画「ワンダフルライフ」でもう一度飼い主に合うために何度も生まれ変わる犬が出てたわ。
私もクリコちゃんにもう一度会いたいわ。
Posted by 那智ママ at 2018年12月31日 21:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: